スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満治療について

肥満治療には、大きく分けて食事療法、運動療法、薬物療法、外科療法があるのですが、重症肥満をのぞき通常は食事療法と運動療法が行われます。食事療法と運動療法を同時に行うことによって効率的に肥満治療が行えます。

食事療法では、適切なカロリーとバランスのとれた栄養素が重要です。短期間で急激に減量しても健康的な体は作れません。かえって食事の量を変えたとたんにリバウンドが起きたりもします。食事の内容としては、高カロリーや高脂肪のものを減らすことです。肥満の方に多いのはこれらのものを好んでよく食べています。また、食事はよく噛むことが重要です。早食いは多く食べることの原因にもなります。

運動治療は、リバウンドが起きないためにもとても重要です。筋肉をつけることによって、基礎代謝量を上げて、太りにくい体を作ります。激しい運動ではなく、適度に汗をかく運動(脈拍数100~120/分)で、1日1時間以上を行うことがよいとされています。忙しい方もいるとは思いますが、エレベーターを使うところを階段にするとか出来るだけ体を動かすようにして下さい。

肥満は病気ではありませんが、様々な生活習慣病を引き起こす要因になっています。早いうちから治療を行うことをオススメします。
スポンサーサイト

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。